3Dって。

どうして2次元(2D)平面が3次元(3D)立体に見えるのでしょう?

素人考えです。が、光の反射ではないかと思ったりします。反射した光が規則的に多方面に反射すると目が錯覚を起こすのではないかと思ったのです。


先日、日本橋三越で竹内工芸士江戸刺繍実演会(10月14日~)におじゃましました。作業を拝見しながら「機械刺繍ではできない技法」を拡大鏡で見せていただき、続いて現代モチーフ秀一作品の説明で「このモチーフは立体に見えます」とありました。幾何学模様です。立体に見えました。

「機械刺繍ではできない技法」が規則的に光を一定方向に散らします。職人技です。派手さのない【実】に富んだ手練です。

「今の若者にこの修練時間を感じることのできる子がどのくらいいるだろうか」⇒おばさんの憂慮。日本文化・継承の奥深さです。一人でも多くの若者にこの「修練時間のコクと深み」を理解して肯定してほしいな~と感じた大安吉日でした。

1 view0 comments

Recent Posts

See All

PROJECT TOKYO March 2022展示会のご案内が届きました! B to Bの見本市です!